為替レートウォン

為替

為替レートウォンの推移

為替レートウォンの推移を追ってみました。
現在、韓国ウォンの為替レートは日本円100円に対して、約1300ウォン程度で推移しています。2007年の中旬ころまでは、為替レートウォンは日本円に対して価値が高い状況で推移していたのですが、2008年に入ると、日本円が外国為替市場の中でも買われる状況が進み、様々な通貨に対して日本円の価値が高くなる状況となってきています。
その為、為替レートウォンに対しても例外ではなく2007年頃には100円に対して800ウォン程度のウォン高の状態で推移していたものが、現在では当時の約2倍ほどもウォンの価値が下落していることが見て取れます。これは為替レートウォンの年間チャートを見ることでも容易に理解することができます。
この為替チャートを見てわかることは、その他の国の通貨に対しても同じような推移を見てとることができることです。原因には、世界経済に多大な影響を与えている米国のサブプライムローン関連の問題が発端として始まった世界同時株安、世界同時円高傾向がとても影響しているように感じます。
サブプライムローン問題が火種となり、様々な証券商品が売られ、原油が買われる状況が続き、物価の高騰が懸念されていたのも記憶に新しいことですね。現在では、10月下旬に株式相場、為替相場ともに底をついたかのように横ばいの状況へと移行しつつある状況ですが、このサブプライムローン問題はいったいつまで、世界経済に悪影響を及ぼし続けるのでしょうか?そして、為替レートウォンは10月27日に一時1500ウォンを突破し、史上最安値を更新する動きも見せたばかりです。これからも為替レートウォンの動向に注目が集まりそうです!

ウォン安と為替相場

為替レートウォン安と為替相場にはどういった関連性があるのでしょうか?
為替相場は2008年の中旬頃まで世界経済は順調に右肩上がりを続けていて、ドル円の為替相場も1ドル/120円程度で推移していました。しかし、にサブプライムローンの焦げ付き問題が発覚すると、それまでの為替相場は一遍して円高へと転換していきました。ウォン安は、この問題と共に一気に進行していき、史上最安値まで更新するという状況となってしました。巷では100年に1度の為替相場などと言われていますね。
為替レートウォン安は韓国へ観光旅行をされる方達にはうれしいニュースなのかもしれません。韓国への観光旅行に限らず、円高の現状であればどの国に旅行に出かけてもお得感を感じることはできると思いますが、韓国は日本からならとても近く移動にかかる時間も少なく済むため、お手軽な海外旅行としてはいいのではと思います。
それに円高に伴う、為替レートウォン安の影響で、ブランド品の購入なども日本で購入するようりもお手頃な価格で購入することもできますからね。

過去の韓国ウォンレート

過去の韓国ウォンレートを調べてみました。
過去2007年の6月14日に、韓国ウォンレートは97年以来となる100円に対して750ウィン程度まで値上がりしたことがありました。その時は、韓国ウォンの価値が今の約2倍もあったわけですが、現在では史上最安値となる1500ウィン程度の水準まで安くなっているのが現状です。日本円と米ドルの関係も当時は120円程度で推移していたものが、現在では95円台となっています。
韓国ウォンレートは日本円と米ドルとの関連性にも深いつながりがあるのだというのが見て取れますね。

Copyright(c) 情報のリンク集 All Rights Reserved