為替ウォンの為替相場

為替ウォンの為替相場は2007年の中ごろまでは約100円は750ウォン程度で安定していて、ウォン高で推移していた物の世界経済の動向や円高ドル安傾向を期に一気に下降線の一途をたどり、2008年に入って遂に100円は約1000ウォンの大台を突破し、ウォン安のに拍車がかかる状況へと一変して行きました。
その後、為替ウォンはウォン安に更に拍車をかけて、つい先日10月27日に100円は1500ウォンを突破し、世界史上最安値を更新する事となってしまいました。
現在では、為替ウォンは反発を見せ、現在2008年10月31日現在では100円は1293.78ウォンとなっています。2007年の中ごろに比べて現在では当時の約2倍のウォン安という現象が起こってしまいました。外国為替取引FXや外貨預金、韓国へ輸出を行なっていた方達には大打撃であったに違いありません。今後の為替ウォンの為替相場の動向に更に注意し、また注目が集まるのは必至ではないかと感じています。
為替ウォンの為替相場の急落、その要因の大半はやはり。米国で始まったサブプライムローン問題ではないかと思います。世界経済に大打撃をもたらしたサブプライム問題。100年に1度の為替相場と言われ大変問題となっている円高ドル安や株式相場の下落。米大手証券会社であったリーマンブラザーズが破綻したことも記憶に新しいのではと思います。

韓国ウォンのチャート

韓国ウォンのチャートを探していたんですが、なかなか見つからずに苦労していましたが何とか日本の企業でも韓国ウォンのチャートを公開しているサイトを発見しました。それは、読売新聞のマネー経済・為替というカテゴリーの中に存在しました。
為替ウォンのチャートの他にも様々な通貨の為替レートや為替チャートを公開していて、リアルタイムチャートではないですが、1ヶ月、3ヶ月、1年間、2年間までが見る事ができるようになっています。
為替ウォンのチャートを見てみると先ほどの為替相場の推移がしっかりと見て取れる状況です。ウォンに限らずその他通貨に対しても同じようなチャートが見て取れますので、サブプライム問題の影響の凄さを感じることができると思います。

外国為替取引FX

外国為替取引FXは小額な資金から資産運用ができることから、人気を集めている投資商品の一つです。外国為替取引FXは証拠金取引として、小額な資産にレバレッジを利かせることによって、大げさに例えると1万円で100万円の外国為替取引FXを行なうことができるというものです。また、手数料も抑えられていて手数料0円をうたっているFX業者がたくさん存在しています。しかし、レバレッジを利かせて大金を動かす訳ですからリアルタイムに動く為替相場が思わぬ展開に陥ってしまえば直ぐに保有資金を失ってしまうというリスクを持っています。