プールバッグ

プールバッグ

手作りプールバッグの失敗談

プールバッグといえば、もちろん、子供の水泳の授業や水泳スクールの習い事に使うバッグですよね。
体育嫌いな私もプールの時間だけは、大好きで、毎日あればいいのにと、その日だけは毎朝ウキウキして学校へ行ったものです。
子供の頃はなんだか、毎年同じバッグを持っていくのが、恥ずかしくってお友達のサンリオのバッグのキャラクターが変わるたびに羨ましくなり、母におねだりした事を思い出します。女子は、その頃から徐々にお洒落心が身についてきているのかもしれませんね。男子だと…。どうなんでしょうか?ナイキとかアディダスやプーマとか? 
有名スポーツ選手が愛用しているスポーツブランドの物が欲しかったりするもんなんでしょうかね。
けれども、キッズプールバッグにとって、一番肝心なことはサンリオのキャラクターでも、スポーツブランドでもなく、機能性なんですよね。
一度だけ、夏休みの手作り作品に自分でフェルト生地で手作りしたリュックタイプのスポーツバッグをどうしても使いたくて、母の反対を押し切って持っていったことがありました。ご想像していただけることでしょう。 しっかり、絞ってあると思っている水着や濡れたタオルから染み出た水分が、帰り道のあたしの服に染みわたり、ひどいことになったことがありました。
子供のころは、わからないんですよね。母の教えを守るべきでした。
今では、バッグ自体が二段式になっており、防水加工がしっかりされたポケットとプール用品がたくさんはいる場所に分けられた画期的なものも出回っているようです。
お子さんは、機能、デザイン、どちらで選ばれるでしょうかね?私みたいな失敗は、くれぐれもさせないように…。(笑)

アディダスおススメのスポーツバッグ

ダイエットの為に、近くの温水プールに通っている私ですが…みなさん、こんな経験ありませんか?
実は、プール後に、バッグの中を調べても濡れ物を入れるビニル袋が見つからない。しかたない、ギュッと水気を絞って、バスタオルでぐるぐる巻きにして、プールバッグへ投入。あたしも以前やりました。そのまま真っ直ぐ帰るつもりが、夕飯の支度の為、買い出しに…。
毎月買う雑誌も購入。雑誌は、手で持っていくとレジの方に告げ荷物を後ろの席へ放置。帰ってみると、へなへなになった雑誌。車の座席には、バッグの色落ちが…。
プールバッグの上に置いただけなのにぃ〜。上下左右と大被害。水着やタオルの水分が染み出したという失敗は何度もありまして…。
プールバッグは、やはり、防水加工は必要ですね。それから、私が取り換えたアディダスのプールバッグは、画期的で、水着やキャップなどの濡れ物を入れる部分と、ゴーグルなどの水泳用品や下着などをいれられる部分と 2部屋に分かれているのです。
過去に同じ失敗をされた経験がある方、スポーツ用品の定番アディダスのプールバッグで、スイミングライフを堪能してくださいね。

子供のプールバッグと言えば

プールバッグといえば、子供の授業やスクールに使う物という気がしますが、最近では、スポーツブランドのアディダスやナイキも、デザインをしているんですね。遊びだけでなく、スポーツとして、プールを利用する方が増えてきているからでしょうか?
近年、女性のダイエットや、メタボリックシンドローム予防などにフィットネスクラブやスポーツジムが、一般利用者にも使われるようになり、プール用品もオシャレ度を問われるようになってきたと言えるのでしょう。
何にでも形から入るタイプの私としては、スポーツ用品店で、お気に入りの新品の水着と、ゴーグル、そして、同じブランドのバッグを揃えたくなったり…。
昔、楽しみだったプールの授業の準備をするように、お気に入りのプール用品をバッグから選んでみてはいかがでしょうか?

Copyright(c) 情報のリンク集 All Rights Reserved