ニュージーランドにスキー観光!

スポンサードリンク

ニュージーランドでスキーをする。
毎年、冬を心待ちに待っているスキーヤーにとっては、一度はすべってみたいと思わせるスキー場だと聞きます。
ニュージーランドは、太平洋の南西に位置する北島、南島の二つの大きな島と まわりの小さな島々からなる国で、西岸海洋性気候で四季もあり、夏は涼しく、冬は、厳しい寒波がない、一年を通しても温暖な過ごしやすい気候の国であることはご存知のことでしょう。
だからこそ、ツアー観光などに兼ねて、スキーライフを満喫するスキーヤーが世界から集まってくる、有名な国になったのでしょうね。
ニュージーランドのスキー場は、北島、南島、どちらにもあり、その数は合わせて25か所もあるそうです。
ニュージーランドのスキー場の売りは、いくつかは日本とは異なる運営をしている所だと言われています。
日本のスキー場は、たいてい一般向けにレストランやカフェやレンタル用品の装備など設備が整っており、とても便利ですが、圧雪車を使ってしまうため、本物の雪山の醍醐味であるパウダースノウを楽しめるのは、雪が降った後だけのお楽しみです。
それに比べて、ニュージーランドでは、自然体の雪山を満喫してもらおうと、運営資金をクラブメンバーから募ってクラブスキーヤーの為に、運営する体型をとったスキー場があるというのです。
厚雪車を所有しないクラブスキーフィ−ルドでは、ゲレンデ全体がオフビステで、いつでもパウダースキーが楽しめるというところが、世界のスキーヤーの魅力を引き付けている理由なのかもしれませんね。もちろん、一般のスキーヤーも利用は可能です。
来シーズンに、ニュージーランドでスキーを楽しむ計画をしてみるのはいかがでしょうか?

ニュージーランドの旅行には、ツアースキーを

世界中のスキーヤーがニュージーランドのパウダースノウで、スキーをすることを夢見るといいます。
ニュージーランドの冬は、西岸海洋性気候のため、四季はあるものの、一年中温暖な気候であり、冬でも厳しい寒波はないことで知られていますね。
ニュージーランドでの季節感は、北半球にある日本とは違い、南半球に位置しているニュージーランドでは、日本とはまったくの逆。
日本でいう冬の季節である12〜2月は、ニュージーランドでは夏にあたり、夏の季節である6〜8月は、ニュージーランドの冬になります。それゆえに、6月下旬から9月末までは、スキーヤーにとってベストシーズンなんですね。
来年の夏の観光旅行やツアーには、暑い日本を飛び出して、南半球の冬とニュージーランドのスキー場を体験してみるのもよさそうですね。

スポンサードリンク

夏のスキー場に行こう!

夏でもスキーができるところがあります。
「まさかぁ〜!」という声が聞こえてきそうですが…、残念ながら、日本ではありません。日本とは、真逆の季節に位置する南半球の島国、ニュージーランドのスキー場です。
ニュージーランドのスキー場のベストシーズンは、日本でいう6月下旬から9月末まで。日本の長期休暇にあたる8月中旬ぐらいが一番いい時期らしいのです。
真夏日が続く日本を抜け出して、気の知れた仲間と観光旅行の計画にニュージーランドでスキーをすることもスケジュールに入れてみてはいかがでしょうか?

今日の運勢は?

今日の運勢をおみくじで占います。

おみくじの結果は「末吉」でした。

最終更新は2008年12月22日の03時00分47秒に行いました。