事務の職務経歴書

事務の職務経歴書

転職に必要な事務の職務経歴書

事務の職務経歴書の書き方には工夫が求められます。
再就職・転職の際、大きくものを言う職務経歴書。これまでの自分の経歴、実績をアピールする重要なものです。基本データしか得られない履歴書に比べ、より具体的かつ詳細な経歴を知ることができる書類なので、採用を担当する人事の側にとっても当否を判断する重要な材料となります。それだけに、職務経歴書はしっかりと書きたいもの。
しかし、これがなかなか難しいものなのです。定められた欄を埋めていけばいい履歴書に比べ、職務経歴書は自由度が高いもの。「どんな自己PRの仕方をしてもいい」と言われれば逆に困ってしまうものです。
再就職・転職において、技術職や営業職の場合は具体的な数字や製品を書き連ねることで自己PRをすることができます。数字はそれだけで強力な自己PRの材料になりますから、非常に重要なデータとなります。しかし、経理や人事などの事務職の再就職・転職の場合、それができない分、職務経歴書の作成にも戸惑ってしまいがちです。
事務の職務経歴書の場合、目に見える実績をアピールしにくい分、いかにうまく自己PRできるかが重要になってきます。

事務の職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方には実績を年代に沿って記述する方式と、分野ごとにまとめて記述する方式とに大きくわけられます。事務の職務経歴書の場合は業務の分野ごとにまとめる方が効果的といわれています。幅広い分野にまたがって活躍することが多いため、多彩なキャリアを積んでいることを自己PRしやすいからです。
具体的な事務の職務経歴書の書き方としては、できるだけ具体的な仕事内容を記すようにします。それが会社にとってどれだけ役立ったか、成果を挙げたかのアピールも重要です。総務などは非常に幅広い仕事を取り扱いますから、些細なことでもしっかりと記載する必要があります。経理などはマネジメント能力をアピールできるような書き方をするとより有利になります。人事の場合は会社の規模や採用実績など、行ってきた仕事の重要さをアピールしたいところです。

事務の職務経歴書で自己PR

事務の職務経歴書の書き方で注意する必要があるのは「わかりすやく」書くということです。すでに書いたように、事務職は幅広いキャリアをアピールする必要があるため、ただ羅列しただけではゴチャゴチャしてみにくいものになってしまうこともあります。分野ごとの分類をしっかり行い、記す順番にも注意してひと目でアピールできるように作成したいものです。
職務経歴書をいかにうまく書けるか。それだけでも事務職を評価する材料になるかもしれません。事務の職務経歴書の場合は他の業種よりもさらに自己PRが必要になるでしょう。

Copyright(c) 情報のリンク集 All Rights Reserved