マタニティのマッサージ

マタニティのマッサージ

マタニティのマッサージとベビーのマッサージ

マタニティのマッサージより、少し前では、ベビーマッサージというのが流行っていましたね。
ベビーをマッサージすることによって、ママとのスキンシップや、ベビーの体調をチェックできるなど、ベビーマッサージは愛情表現の一つにもなっていたのではないでしょうか。
最近では、マタニティのマッサージも重要視されるようになり、気持ちの問題はもちろんのこと、むくみや、静脈瘤の予防・改善などを目的としているサロンもあります。
妊娠すると女性の体は様々な変化が現れ、ホルモンバランスも崩れる一方で、情緒不安定になったり、体調が悪くなったりなど、いろいろな問題が発生するものです。
そこで活躍するのがマタニティのマッサージなんですね。自分でマッサージできるものも数多くあるので、ちょっと気分が落ち込んでいる時や、体調が優れない時は家でゆっくりマタニティのマッサージをするのもいいですね。サロンなどに通うと、リンパの流れを良くしながらマッサージしてくれるところもあります。自分ではなかなか出来ないようなことも、サロンならしてもらえるので、とても興味深いですね。
妊娠期はわずか10ヶ月ほどしかないので、その時しかできないようなことや、ベビーのためのマッサージを勉強するなど、マタニティ時期を有意義に使いましょう。

マタニティのマッサージとヨガ

マタニティのマッサージは一般的にも良いとされていますが、実は結構動くヨガもよいとされているのをご存知でしたか?
ただし、マタニティ用にアレンジされたヨガになっています。まずは妊娠による腰痛や、肩こりにとても効果的で、呼吸法の習得によって出産時の陣痛の痛みの緩和にもなるそうです。マタニティの時期では妊娠15週以上の方から始められるそうですよ。
他にも、マタニティの時期は妊娠していない時よりもホルモンの関係で、体が柔らかくなっているそうなので、妊娠していない時期にヨガを始めるよりは、このマタニティ期間に始める方がヨガの効果をより実感できるでしょう。
そして、マタニティのマッサージ+ヨガで、産前・産後を健やかに過ごしましょう!

マタニティスイミングをはじめよう

妊娠をしたらマタニティスイミングをはじめてみましょう。
最近では、病院でもスクールをひらくところがあったりするんですよ!
水中では負担が少ないので、妊婦はもちろん、高齢の方や、足腰が悪い方にもオススメです。目的としては、ストレス解消や、出産時のために体力維持といったもので、心にも体にもよいものだと思います。
妊娠したら、ぜひマタニティのマッサージや、マタニティスイミングなど、気分転換にいかがでしょう。
妊娠すると情緒不安定になりがちなので、これらのマタニティのマッサージやスイミングは本当にオススメですよ。

Copyright(c) 情報のリンク集 All Rights Reserved