ニュージーランドのファームステイ

ニュージーランド 南島

ニュージーランドのファームステイとワーキングホリデー

ニュージーランドでファームステイするとは、ホームステイの農場・牧場版で、町から車で20〜40分の郊外で実際に農家を営むファームに宿泊します。
滞在できる農業には様々なタイプがあり、羊、肉牛、乳牛、果樹園等を体験するもの。ニュージーランドのファームステイは、壮大な土地のなかでの牛の乳しぼりなんて健康的だし、空気も食べ物も美味しそうです。
ワーキングホリデーとは、留学とは違い、最長1年間異なった文化の中で休暇を楽しみ、その間、滞在資金が必要になるので、就労することが認められている制度です。
ワーキングホリデーに参加できるのは、日本国籍で在住している18歳〜30歳まで、若い人向けの特別なもので、現地でのアルバイトが認められており、ビザの発行は一生に一度だけです。
ワーキングホリデーでニュージーランドにファームステイをする場合に、経営するファミリーから宿泊と食事を無料で提供してもらえるのですが、代わりに本格的に労働するものと、ゲストとして滞在し、のんびりと休暇を過ごせるものがあります。
主な仕事は、動物の世話やフルーツ・野菜等農作物の収穫作業を体験することができ、1日の労働時間は4時間〜6時間程度のようです。ゲストの場合は、お手伝いは強制でないそうです。
留学という方法もありますが、実際にニュージーランドにファームステイし、農場・牧場に入って体験できるのは、視野が広がり将来の強みになりそうです。

ニュージーランドの観光旅行

ニュージーランドと言えば、環境が美しく映画の中でもその光景を見ることができます。
自然が生んだフィヨルド(氷河の侵食によりできた自然の入り江)や、南島の南北に伸びている南アルプス、ニュージーランドの最高峰マウントクックや湖などが観光では知られています。
体験型の観光としては、ニュージーランドのファームステイやワーキングホリデーが有名です。
6月〜9月になると、スキー・スノーボードシーズンが始まり、夏のスノーボード旅行の定番でもあり、多くのボーダーやスキーヤーが北半球から訪れるとのことです。南島では平均1700m前後の山が並び、スノーボードを楽しむことができますよ。

ニュージーランドの格安旅行

ニュージーランドに行きたいけれどなるべくなら安く行きたい!そう思われる方のために。格安の宿泊場としてユースホステルがあげられます。全てではないですが、キッチンが充実していて自炊も可能のようです。
ユースホステルについて不明なことは、日本のユースホステル協会に問い合わせて下さいね。
旅行日程は、9月下旬ごろが格安になり、航空券は直行便だと高くなりますが、台北やタイ経由の便を利用することで格安になるようです。

Copyright(c) 情報のリンク集 All Rights Reserved